twitter insta fb

関係者紹介

関係者紹介

臥牙丸 勝

 

   

臥牙丸勝さんは、2005年11月場所では初土俵を踏み、2年後には小結に昇進後2020年11月場所で引退するまで怪我と
闘いながら相撲道に邁進し、「ガガちゃん」と誰からも愛され笑顔が印象的な臥牙丸勝さんは、力士引退後も日本に
残り出身部屋の後輩の指導や兄弟子として心の支えとなる傍ら、国内外に相撲を通して文化交流をされることとなりました。

そして、日本食を好み特に「熊本ラーメン、アイスクリーム」が大好きなお茶目な
臥牙丸勝さんの応援をよろしくお願いします。

仲間たち

阿夢露 光大(あむうる みつひろ)

 

   

 

阿夢露 光大さんは、18歳の時に同じロシア出身のボラーゾフ兄弟(露鵬・白露山)と共に来日して阿武松部屋へ入門し、2002年5月場所において初土俵を踏んだ。四股名は故郷ロシアのアムール川に因み、「夢を持ってロシアから阿武松部屋に来た」との意味を込め、作詞家の中山大三郎によって名付けられ、得意技は左四つ、寄りで最高番付は前頭五枚目。怪我と闘いながら96場所務め、2018年5月に引退をしました。
現在の活動は、土俵上で大けがを負った時、専門家からアドバイスを受けるなどしストレッチなど準備運動の重要性を学んだことから、日本に残りスポーツトレーナーとして第二の人生を歩まれています。